当院は、丸山咬合医療センター(併設日本咬合臨床研究所) 丸山剛郎大阪大学名誉教授(東京・銀座・大阪・芦屋)との提携歯科医院です。

G&Oデンタルクリニック

  • 完全予約制 TEL053-455-1550
  • 診察時間:9:30~11:30/14:30~18:00、休診日:日曜・水曜・祝日・土曜午後
  • お問い合わせ

一般治療

ホーム > 診察案内 > 一般治療

咀嚼機能の回復のための歯の治療とは

むし歯・歯周病・知覚過敏・楔状欠損・むし歯ではないのに歯が痛い…などの症状は
顎のズレが原因になっていることが少なくありません。
当院では、虫歯の穴に詰物をするなど、局部の症状を消すだけの治療ではなく、歯は全体で一つの「咀嚼」という機能をはたすものと考え、全体を把握した治療を行っております。

一般治療

どうして虫歯になるの?

丸山咬合医学では
咬合力と細菌が原因と考えています。
かみ合わせの力(咬合力)で歯に負荷がかかり、歯(質)が破壊され、虫歯が誘発されるのです。
一般的な歯科学では
虫歯菌・細菌が原因と考える。

咀嚼機能について

正常な咀嚼
食べ物を咀嚼するには、アゴの複雑な動きが必要です。
正常な咀嚼運動は 1.把持(はじ)→2.剪断(せんだん)→3.圧断→4.臼磨(きゅうま)→1.~のサイクルで行われますが、この動きのどこかで異常が起こると食べ物がうまく咬めなくなり、様々なトラブルにつながります。
咀嚼運動の異常はお口の中に様々な問題を引き起こします。例えば、食物を噛み潰そうとした時、1箇所だけ他の歯より早くぶつかったり、当たるべきでない所が当たったりするような事があると、この力を受け続けていると歯が壊れる事あります。これを放置していますと顎の問題はお口だけでなく全身にまで及んでいきます。
正常な動きと噛み方

咀嚼機能を回復する治療までの流れ

  • シロナソで現状の咀嚼運動を記録
    下顎の動きを3次元的に見ることの出来るシロナソグラフというコンピューターを使って実際の食物を噛んでいる時の動きを3次元的に記録し、咀嚼機能を分析します。
  • 正常咀嚼運動と照合
  • 異常咀嚼運動の原因検討・考察
  • マスティキュレーターⅡ型咬合器で検証
    シロナソで記録・分析した咀嚼機能をマスティキュレーターⅡ型咬合器で再現します。
    これはこの咬合器だけに可能で、原因歯を特定したり異常な動きがどのように悪いのかも判ります。
  • 原因歯の特定
  • 原因歯の特定
  • 原因歯の特定

必要な処置

歯の根の治療・親不知の抜歯・リシェイピングなど

  • 歯の形を整える
    ※削りすぎないよう慎重に行うため、数回に分けることがあります
  • 仮歯の作成
  • 個人トレー・個歯トレーの型取り
  • 精密印象  ※型取りを数回する場合もあります
  • 試適( 歯の仮合わせをします)
    ※複数回 ( 当院ならではの処置です)
  • 完成・仮着 ※技工に出す場合もあります
    ( 一度仮のセメントで歯を装着し様子を見ます)
  • SET
  • リシェイピング( より咬めるように歯の形を整える)
    ↑↓ ※すぐには咬めない場合があります
  • 顎の動きの確認
  • 治療終了→メンテナンス

※良い状態で長く使うためにはリシェイピングが必要です。
包丁と同じで、砥がなければ良い状態で使えません。
歯は永久に持つものではないので定期的なメンテナンスを行っていきましょう。

試適を行います

完成までの間で、一番期間が必要な重要作業です。
技工士が仮に歯の形を蝋で作ったものを、院長が時間を作り、丸山咬合理論に基づいた理想的な歯の形に修正しています。

口腔内で左右前後のバランスを考え、且つ上下のバランスを取れるように歯並びだけでなく1歯1歯全体を見ながら整えます。
院内で修正後、技工所に配送し、おおよそ2週間で戻ってきます。
この「試適」を繰り返し行うことで、理想的な歯の形を作っていきます。

治療後の注意事項

◆ 治療後すぐは顎位が安定せず不定愁訴を発症する場合があります。
リシェイピングを繰り返し、徐々に良い顎の位置になるよう調節していきます。
顎位の後戻りが疑われる場合は保定装置を作成します。
◆ 治療後すぐは上手く咬めない場合があります。
リシェイピングと正しい咬み方のリハビリをします。
必要に応じて数回行います。日常生活でも「正しい咬み方」を意識し、食事を取るようにしてください。

※顎位と動きが良くなれば症状は改善しますが、一度よくなっても歯は使えば擦り減るため、定期的なメンテナンスが必要です。
良い状態を長く保てるよう、お手伝い致します。

治療の流れ

治療の流れ

患者様の声

実際に当院で治療を受けられた患者様の声をご紹介しております。

  • 補綴

    顎関節の痛み・歯並び由来の痛み
    虫歯ではないのに痛む奥歯。マッサージや湿布では治らない頭痛、肩凝り、様々な慢性疼痛が噛み合わせを治療していただきマジックの様に消え去りました。装置もほんの少し先生が調整して下さるだけで劇的に筋肉が弛緩出来るのです。これは体験しないと俄には信じられないかもしれませんが噛み合わせがどれだけ身体に影響しているのかを身を持って体験しました。大変なケースだったと思いますが治していただき本当に感謝しております。
    (50代女性)

    補綴の声をもっと見る

  • かみ合わせ調整

    バランス改善
    アゴの位置で体のバランスが違う事を講演で聞いて、体の不調があった訳ではなかったが体験をさせてもらい、かみ合わせで体のバランスが変わる事を実体験させてもらってかみ合わせ調整を実施しました。今後も体の不調なく生活できればと思っています。かみ方も意識することなくかんでいたが正しいかみ方を教えてもらって間違っていたことが分かって良かったです。
    (50代女性)

    かみ合わせ調整の声をもっと見る

  • 歯科治療後の体調不良

    食事の時に 治療した歯が痛む
    来院する前は「かみ合わせが大事なのは分かるけど、そんなに(大事)かな?」と思っていました。(自分の歯並びがパッと見そんなに問題ないように感じていたので)最初の検査を受けて「こんなに大事な事なんだ!」と思いました。(身体の重心や身体のコリまで変わると思っていなかった)
    身体の不調は歳を重ねればでるもの…とか、歯が痛くなっても歯医者に行っても良くならないし、と日々悩んでいたけど 諦めていました。
    検査で一瞬でこんなに変わるなら 歯の痛みも治るかも、と思いリシェイピングを行ってもらいました。
    治療1回目で何年も悩んで歯医者をハシゴしていた歯の痛みがピタリと止まりました。少し削っただけなのに!!すごい!
    次回の受診では先生から顎のズレも治っている、と言われ そういえば口を開けた時にあご(耳側)がパキパキ音が鳴っていたのが無くなっている事に気づきました。
    今までは何をかんでも走る痛みに悩んでいましたが、今は痛みもなく「痛くなったらヤダ」と思わずに食事ができるようになって嬉しいです。歯の影響ですぐに飲み込んでしまうクセがついてしまっていますが、嚙むことを意識して今後は食事を楽しんでいこうと思います。
    ありがとうございました。
    (20代女性)

    歯科治療後の体調不良の声をもっと見る

INFORMATION

休診日:日曜・水曜・祝日・土曜午後

〒430-0926
浜松市中区砂山町350-1 大迫ビル2F

※お電話の場合には「ホームページを見た」とお伝えいただくとお手続きがスムーズです。

PAGE TOP