当院は、丸山咬合医療センター(併設日本咬合臨床研究所) 丸山剛郎大阪大学名誉教授(東京・銀座・大阪・芦屋)との提携歯科医院です。

G&Oデンタルクリニック

  • 完全予約制 TEL053-455-1550
  • 診察時間:9:30~11:30/14:30~18:00、休診日:日曜・水曜・祝日・土曜午後
  • お問い合わせ

顎関節症

ホーム > 診察案内 > 顎関節症

MFA装置を使った顎位の治療・咬合調整

顎の痛み、開口障害(顎運動障害)、音(開口時に顎が鳴る)などこのような顎の不調でお悩みでしたら、
もしかしたら、顎関節症かもしれません。
かみ合わせが悪くなると下顎の位置がズレ、下顎の異常な動きにより痛みが現れます。
当院では下顎の位置とかみ合わせを調整することにより症状を改善していきます。

顎関節症

顎関節症の症状

主な症状

  • ・口を開ける時に痛くて思いっきり開けられない
  • ・物を噛む時に痛い
  • ・口は開くには開くが3cm程度しか開かない
  • ・握り寿司が一口で食べられない
     (ネタとシャリとを分けないと食べられない)
  • ・開閉口時にジャリジャリもしくはシャリシャリという音がする
  • ・口を閉じる時に痛い
  • ・開口時にカックンという大きな音がする
  • ・あくびができない
  • ・耳の前方に鋭い痛みがある

顎関節症の原因

下顎骨の位置のズレや異常な顎運動によって引き起ります。
原因の原因として以下のことが考えられます。
虫歯、歯周病(歯槽膿漏)、歯列不正(不正な歯の形態)、不正な補綴(詰物・被せ物)、習癖(食い縛り・寝相・頬杖など)

顎関節症のメカニズム

  • 下顎の位置がズレる

    虫歯・歯列不正・歯の欠損・異常な歯の被せ物・入れ歯などが原因となって下顎がズレる。

  • 下顎の異常な動き → 痛み

    下顎を動かす筋肉(外側翼突筋)が過度に緊張、乳酸が溜まることで凝りが発生、痛みが現れる。

  • 放置すると・・・

    ・関節円板に異常
    ・滑液の不活性化
    ・炎症を招き、骨の変形へ
    関節に過度な負荷は、軽微でも繰り返されることで深刻化。

顎関節症の病状

01 筋関節症
口を開ける時に痛くて思いっきり開けられない、口を閉じる時に痛い、物を噛む時に痛い
02 顎内症(顎関節内部障害)

■ 復位式関節円盤前方偏位

ズレ落ちていた関節円盤※1が開口時に下顎の関節の上に乗る(復位する)
※1…関節円盤:下顎と上顎の関節の間にあるクッションのような組織

主な症状開口時にカックンという大きな音がする。

■ 非復位式関節円盤前方偏位

以前に開口時に音がしていたが、最近しなくなった(関節円盤が下顎の関節からズレ落ちたままになってしまった状態)

主な症状口は開くには開くが3cm程度しか開かない。

■ クローズドロック

ズレ落ちた関節円盤が開口時に下顎の関節に引っかかってそれ以上まったく開口できない状態

主な症状開口時にカックンという大きな音がする。

■ クローズドロックの陳旧化

掛かっている関節円盤の後部結合組織という靭帯がどんどん伸びてしまうことで少しずつ開口できるようになるが本来の開口量には至らない状態。

主な症状あくびができない、握り寿司が一口で食べられない(ネタとシャリとを分けないと食べられない)など。

03 骨関節症

■ 負担骨重型
■ クローズロック型

主な症状耳の前方に鋭い痛みがある、開閉口時にジャリジャリもしくはシャリシャリという音がする。

治療の流れ

第一段階 (一次治療)

「M.F.A.」という装置をします。
これは患者さんの歯の型と顎の位置を基に、本来あるべき正しい位置に顎が固定されるように作られています。プラスチックで出来たマウスピースのような外観ですが、マウスピースが歯牙を守る物であるのに対しM.F.A.は顎の位置を矯正する装置なので全く異なっています。
この「M.F.A.」を食事以外の時間は出来るだけ装着して頂くと、徐々に身体が新しい顎の位置を学習していきます。概ね、3ヶ月ほどで新たな顎の位置で安定しだすので、それが確認されたらその時点でもう一度診査を行い、この結果を分析し、更に顎位の矯正が必要な場合は次の段階に進みます。

第二段階 (二次治療)

顎の位置が正しい位置(あるいはそれに近い状態)に安定したところで、術中審査を行い今後の治療を選択していきます。

顎のズレが酷い患者さんですと、最初から一番良い位置にまで顎を矯正することが出来ない場合があります。
その場合には最初に作ったM.F.A.を修正し、さらに矯正を進めていきます。

(1) M.O.Aによる治療
歯並びの状態によっては、歯が邪魔してしまって、顎を一番良い場所まで矯正できない場合があります。この場合は歯並びも治して治療を進めることが望ましいでしょう。
(2) リシェイピング
顎の位置を良い位置で維持するためには歯の状態も関係してきます。安定を阻害する歯があれば削って、治療を進める事が望ましいでしょう。

治療スケジュール

治療スケジュール

リシェイピング治療例

シロナソグラフなどで噛み合わせを調べた後に、歯の異常な形の部分を正常に整える治療法です。

Before / After

赤と黄色の線が正常者の顎の動き、青とオレンジ色が患者さんの顎の動きです。顎の動きがなめらかに、正常になってきたのが分かります。

患者様の声

実際に当院で治療を受けられた患者様の声をご紹介しております。

  • 顎関節症

    顎の痛み・耳も痛む
    私は子供のころから口を大きく開けるとあごが「ガクッ」と音がしました。
    しかし痛みなどは全くなかったので気にしたことはありませんでした。
    それが最近、痛むようになり、頭痛や耳の中までもが痛むようになり困っていたところインターネットでG&Oデンタルクリニックを知り受診しました。
    かみ合わせの大切さを知り半年治療をしました。まだ大きな口を開けた時は少し痛みがありますが、受診を始めた頃と比べたらとても楽になりました。また、頭痛や耳の痛みは嘘のように全くなくなりました。本当にありがとうございました。
    (40代女性)

    顎関節症の声をもっと見る

  • かみ合わせ調整

    バランス改善
    アゴの位置で体のバランスが違う事を講演で聞いて、体の不調があった訳ではなかったが体験をさせてもらい、かみ合わせで体のバランスが変わる事を実体験させてもらってかみ合わせ調整を実施しました。今後も体の不調なく生活できればと思っています。かみ方も意識することなくかんでいたが正しいかみ方を教えてもらって間違っていたことが分かって良かったです。
    (50代女性)

    かみ合わせ調整の声をもっと見る

INFORMATION

休診日:日曜・水曜・祝日・土曜午後

〒430-0926
浜松市中区砂山町350-1 大迫ビル2F

※お電話の場合には「ホームページを見た」とお伝えいただくとお手続きがスムーズです。

PAGE TOP